Magazine

● 最新号やバックナンバーをご希望の方は
  THE IN/SECTS SHOP よりお買い求めください

      ↓ ↓

 インセクツショップへ

*金額については商品代+別途送料がかかります。
*本オーダーに伴って、取得した個人情報は
 注文への発送以外の目的で使用する事はありません。
*0号、1号、3号につきましては完売となりましたのでご了承ください。

※お近くの販売店につきましては、
 ページ下段の【 取り扱い店舗 】をご覧ください。


New!

IN/SECTS vol10

Vol. 10 特集『私たちのアジア』

2018.6.30 発刊

BACKNUMBER
IN/SECTS vol9

Vol. 9 特集『いいお店のつくり方2』

2017.12.10 発刊

今号の特集は“いいお店のつくり方2”です。
開店の経緯や店主のフィロソフィーなど、
お店の内側に 迫った小誌Vol.6.5『いいお店のつくり方』は
おかげさまでたしかな反響を得ることができました。
編集部としては、いいお店の“いい”に迫ることで
現在形の十人十店の個人商店のあり方を知ることができた
と同時にインディペンデントな考えを持って
社会と接する可能性に今一度スポットを当てなくては、と奮起した次第です。
というわけで「いいお店のつくり方」第二弾。
あらためまして、“いい”はどこからやってくるのか。
■カバー 阿部伸二(カレラ)

IN/SECTS vol8

Vol. 8 特集『新しいもの、未知なるもの』

2017.7.10 発刊

今号の特集は“新しいもの、未知なるもの”です。
それはビットコインなどニューな未来の可能性のことでもあるし
イスラム教徒の生活など、私たち編集部にとってアンノウンな世界の話でもあります。
知ったような気分にだけはなれる時代だからこそ
それらの挑戦者と実践者から直接、話を聞いてみたいのです。
同時に今号は、私たち編集部がテーマとして掲げている“ローカルカルチャー”、
ややもすると、ただのスモールサークルとなってしまいがちな
それを“新しいもの、未知なるもの”の観点から再発見する。
そのための見聞録でもあります。
■カバー 金氏徹平

IN/SECTS vol7

Vol. 7 特集『 “おいしい”を巡る』

2016.12.15 発刊

今号は、“おいしい”とは? を探る特集です。
探る、といっても舌の肥えたグルメ、その視点からのみではありません。
食べる環境や食材の背景など、味覚を包むストーリーに焦点を当てる試みです。
僧侶、青果店主、料理人、農業家などへのインタビューをメインに
“おいしい”はどうやってうまれ、ここまでやってきたのか?
それぞれの観点からの“おいしい”をご紹介したいと思います。
■表紙イラスト 河合 浩

IN/SECTS vol6.5

Vol. 6.5 特集『いいお店のつくり方』

2016.5.20 発刊

“いい”お店はどうやってつくられているのか? そもそも“いい”とは?
今号は、フランス料理店からレコードショップ、銭湯などジャンルを問わず
編集部が〝いい〟と考える関西のお店を紐解く特集です。
店主のモットーや経歴のみならず開店資金まで、その裏側にフォーカスします!
■表紙イラスト 黒木雅巳

Vol. 06 特集『日記』

2014.12.15 発刊

みんなじっさいどんな日々を過ごし、どんな考えを巡らせている?
それらはSNS上ではなく、日記という紙の上で綴られるものでは。
今号は“日記”に焦点をあてた特集号です。編集部と繋がりのある、
さまざまなひとたちの暮らしに着目し、日々の小さな記録から
同時代の共感を浮き彫りにできれば、と考えています。
■カバーインタビュー 蓮沼執太

インセクツ005

Vol. 05 特集『OSAKA VISION』

2012.9.18 発刊

大阪って派手で賑やかで面白い!
実際そうかもしれないけれど
ローカル大阪に根ざす編集部だからこそ
あらためて、そしてあらたなる大阪らしさ、を考えてみたい。
■カバーインタビュー 小籔千豊

Vol. 04 特集『もうかりまっか?~私たちの働き方2011~』

2011.10.31 発刊

みなさん、働くことをどう考えてます? 
今号はユニークな仕事観や働き方を徹底紹介。
題して『もうかりまっか?』。でもお金の話だけを聞きたいわけじゃない。
彼らの独自のもうけ話から未来を見据えることができるのでは!?
■カバーロング対談 二階堂和美 × Bose(スチャダラパー)

インセクツ03

Vol. 03 特集『クロスカルチャー 2011』sold out

2011.4.25 発刊

音楽×アート×演劇×ダンス×フードなどなど。
今、ジャンルを軽やかに横断するスタイルが目覚ましい。
彼らは未来の民族? 現場はまるで高校の文化祭のようでフレッシュだ。
ここには未来へのワクワクが隠されている!
■カバーインタビュー 星野源

インセクツ02

Vol. 02 特集『ローカル・アート』

2010.9.15 発刊

みんな芸術の話になると急に声が小さくなるのはなぜだろう?
そもそも私たちにとってアートってどんな存在…?
今号は、関西を中心に活躍するアーティストやスポットにフォーカス。
門外漢による門外漢のための芸術特集です。
■カバーロング対談 EYE (BOREDOMS) × OORUTAICHI

インセクツ01

Vol. 01  特集『ひとり。』sold out

2009.10.11 発刊

いつだって自分だけのルールを持っているひとはたくましい。
今号では、ソロミュージシャン、ピン芸人、
ひとりで運営しているお店など、
そのこだわりスピリッツに迫ります!
■カバーロングインタビュー コーネリアス

インセクツ00

Vol. 00 特集『生駒が面白い。』sold out

2009.5.15 創刊

梅田や難波の街にはもう飽きた。。
というわけで未来の新天地を想像すると…。
大阪から車で30分、いま噂の生駒山には
そのヒントがあるかもしれない。空気もいいし。
■カバーロングインタビュー 坂本龍一


【 最新号 取り扱い店舗 】 ※ 6月25日(水) 現在

大阪

Calo Bookshop & Cafe(肥後橋)
スタンダードブックストア(心斎橋)
blackbird books(豊中)
LVDB BOOKS(田辺)
FOLK old book store & restaurant(北浜)
シカク(此花)

京都

誠光社(丸太町)
恵文社一乗寺店(一乗寺)
CAVA BOOKS(出町柳)
ホホホ座三条大橋店(三条大橋)
京都天狼院(祇園四条)

兵庫

1003(元町)
784JUNCTIONCAFE(塩屋)
KITSUNE BOOK & ART(三宮)

奈良

とほん(大和郡山)

和歌山

本屋プラグ(和歌山市)

東京

SUNNY BOY BOOKS(学芸大学)
SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS
B&B(下北沢)
本屋Title(荻窪)
Readin' Writin' BOOKSTORE(浅草・田原町)
H.A.Bookstore(蔵前)
ブックギャラリーポポタム(西池袋)
チェッコリ(神保町)

茨城

PEOPLE BOOKSTORE&OFFICE(つくば市)

富山

ひらすま書房(射水市)

石川

ISHIBIKI PUBLIC(金沢市)
オヨヨ書林 シンタテマチ店(金沢市)

愛知

ON READING(東山公園)

広島

READAN DEAT(広島市)

香川

本屋ルヌガンガ(高松市)

福岡

taramu books & cafe(大牟田市)

蔦屋書店

京都岡崎 蔦屋書店
梅田 蔦屋書店


Old Post: