IN/SECTS VOL.10 RELEASE PARTY 「私たちのアジア(京都編)」

※こちらのイベントは終了しました。

● 2018.7.22(日)
IN/SECTS VOL.10 RELEASE PARTY

「 私たちのアジア(京都編)

小誌『IN/SECTS』“私たちのアジア”特集号の発刊を記念しパーティを京都・五条にあるMTRL KYOTOにて開催いたします。会場では、小誌主催の『KITAKAGAYA FLEA 2018 SPRING & ASIA BOOK MARKET』に参加いただいた京都の出版社・書店および、今号に協力いただいた方々をゲストに迎えるトークショーをメインに、小誌編集長によるアジア料理の振る舞いも予定しています。また『KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET』の模様を収めた映像を初公開。最新号の購入特典グッズ等もご用意しています。ぜひともお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。


時 間:14:00~19:00
会 場:MTRL KYOTO
    京都市下京区本塩竈町554
料 金:一般 2,000円 1ドリンク別途要
    学生 1,000円 1ドリンク別途要
    *オリジナルアジアン料理付き(※無くなり次第終了いたします)


●トーク 14:30〜
「あんなアジア こんなアジア(IN/SECTS編集部編)」
 
Vol.10の中で私たちは、さまざまな個人の目線から見えてくる「あんなアジア こんなアジア」を紹介しました。彼らのフィルターを通したアジアに触れるたび、実際にその雰囲気を味わってみたい!と思い立ち、編集部は香港〜韓国へ。その体験をもとに、このトークでは編集部員による「あんなアジア こんなアジア」をお伝えいたします。もちろんガイドブックには載らない、厳選“私たちのアジア”。旅のムード満載な編集部セレクトのお土産もご用意しています。どうぞお楽しみに〜。
 
 
●トーク 15:40〜
「赤本、ここだけの話。」
  ゲスト:真田清貴世界思想社教学社
 
受験生ならみんなが知ってる、あの通称“赤本”は京都で作られています。このトークでは、赤本の出版元である世界思想社教学社のスタッフが、受験とはまた別の角度から赤本の新しい“読み方”や、その裏側をこっそりお教えいたします。受験を終えたあなたこそ、むしろ要注目!?
 
真田清貴真田清貴 Kiyotaka Sanada

入社15年目の世界思想社教学社スタッフ。趣味は山登りと地図読みと飲み歩き。1979年生まれ。京都市出身在住。

 
 
●トーク 16:50〜
「自分たちで作りたい本を作り、自分たちで読者に届ける」
  ゲスト:柳下恭平・土門 蘭文鳥社
 
2017年生まれた京都の新しい出版レーベル・文鳥社のお二人をゲストに迎えます。文鳥社の成り立ちから、これまで、そして、京都について、アジアブックマーケットへの参加について、さまざまな質問をぶつけつつ文鳥社の出版・本への思いを伺います。
 
文鳥社柳下恭平 Kyohei Yanashita

東京では校閲をしているけれど、京都では編集をしています。本がとても好き。神保町では「〆切の妖精」と呼ばれ、長野ではみんなが僕のことを「知のドワーフ」と言います。京都では特に、これという名前はありません。そういうのもいいなって思っています。作りたい本は古典になりえる強度を持つ本と、あるいは焚書とされても生き残る本です。
 
土門 蘭 Ran Domon

1985年広島生。小説家。京都在住。ウェブ制作会社でライター・ディレクターとして勤務後、2017年、出版業・執筆業を行う合同会社文鳥社を設立。インタビュー記事のライティングやコピーライティングなど行う傍ら、小説・短歌等の文芸作品を執筆する。共著に『100年後あなたもわたしもいない日に』(文鳥社刊)。

 
 
●トーク 18:00〜
「売れる本。売れない本。〜誠光社の場合〜」
  ゲスト:堀部篤史誠光社
 
京都の人気書店・誠光社で売れる本とは? そして売れない本とは? このトークショーでは店主みずからによるその内容紹介と分析、のみならず一個人書店の実際のハナシから、これからの街の書店のあり方やブックカルチャーの行く末を探ります。堀部さんのここでしか、なトークにご期待を!
 
堀部篤史堀部篤史 Atsushi Horibe

誠光社店主。恵文社一乗寺店に長年勤め、2015年に独立し誠光社をオープン。著作に『街を変える小さな店』などがある。1977年生まれ。京都市左京区出身。

 
 
主 催:LLC インセクツ